ソーラーパネル

メガソーラーは投資に最適!スムーズに運用して収入ゲット

なぜ興味を持つ人が多いか

作業員

なぜ注目されているのか

太陽光発電投資がここ数年注目を浴びています。そもそも太陽光発電投資の仕組みは太陽光発電パネルを設置しそこで発電した電気を地域の電力会社に買い取ってもらうというものです。太陽光発電投資までの道のりとしてまずは太陽光発電パネルを設置する土地を購入したり賃借します。そこに太陽光発電パネルを設置し電力が発電されるような仕組みを確立させます。続いて各電力会社と売買契約を結び発電した電力を電力会社に買い取ってもらい収益を得るというものです。なぜ注目されているのかというと賃貸経営などのように景気や空室に悩まされることがなく安心して収益を得ることが出来る点です。また購入する土地は極端に言えば山林でも構わないわけでリスクを減らし、初期費用を抑えて投資を行うことが可能なことも魅力の一つです。

これから始める人へ

太陽光発電投資がリスクを抑えた高利回りの投資である事から新規に参入する事業者が爆発的に増加したのも事実です。政府が電力会社に電力の買取りを強制しているとはいえ必要電力量を大幅に上回り送電線の需要をも上回ったことから募集が中止されているほどです。申込年度によって買い取り価格は変動するものの一度決まった買取価格は20年固定されます。この買取価格というのは申込年度が早ければ早いほど高い傾向にあり今後も1kw当たりの買取価格は下がっていくことが予測されています。これから投資を考える場合には買取価格をしっかりと予測、把握したうえでしっかりシミュレーションすることが必要になります。とはいえこれだけ下がったとしても賃貸経営などよりははるかに高利回り低リスクの投資であることは変わりません。今後も注目される投資の一つといえます。